乾燥状態の延長線|毛穴レスを目指せ!│化粧水を活用して綺麗な美肌をゲット

毛穴レスを目指せ!│化粧水を活用して綺麗な美肌をゲット

乾燥状態の延長線

婦人

自分に合う製品選び

敏感肌は乾燥肌の延長線上にある症状です。敏感肌になると化粧品なども刺激物となりひりひりしたりかゆみを感じたりします。乾燥状態が極限になっているため、適切なメイクが必要になってきます。敏感肌用の化粧品などの販売されていますが、必ずしも自分に合うとは限りません。そのため化粧水を購入する前にテスターなどを使用し事前確認するとともに、肌に合わないようであれば、使用を中止するなども必要になります。敏感肌では刺激を受けると吹き出物ができたり、赤みが発生したりします。肌に異常を感じるようになる機会が多いため、肌に合わない化粧品を使用すると逆に悪化させてしまうこともあるのです。対策はしっかりとと水分保持能力を向上させるところから始めるのが合理的です。

角質層に水分を届ける

化粧水の役目は肌に水分を与えます。しかしただの水ではなく、肌の水分保持を行う角質層の成分と同じ成分を使用しています。セラミドやヒアルロン酸などです。これらは乾燥肌の状態では少なくなっており、外部から保湿成分を補充することが改善の第一歩になります。そして角質層にできる限り浸透性の高い化粧水を選ぶことが大事です。もちろん浸透力が高いといわれる化粧品であっても個人差はありますので、使用してみて浸透力が低いようであれば、他の製品に変えることも必要です。敏感肌用の化粧水は他の余計な成分が含まれていないことが多くさっぱりとした感覚になります。そこでとろみ成分が含まれているしっとりとするタイプを使用することで持続力が継続します。